2009年 05月 17日 ( 1 )

KSL前期第7節の結果です。

KSL前期第7節の結果です!
相手 ホンダルミノッソ狭山
場所 赤坂の森公園
スコア 4―1
得点  4分横山(坂倉)
    52分小池(PK)
    64分森田(横山)
    69分小池(こぼれ)

 KSL前期最終戦の相手はマーカスがKSL9年目にして一度しか勝ったことのない名門『ルミノッソ狭山』。
今節は、ここ数試合の「試合への入り方」を課題にしてきました。選手たちは試合前のウォーミングアップからこの課題に対し互いに声を掛け合うなど気合十分の様子!選手たちの「試合への入り方」は改善され立ち上がりから相手陣内でのプレーが続く。前半4分には坂倉が起点となり怪我から復帰の横山がシュート!一度はGKにはじかれたもののこぼれを再シュート!早くも先制したマーカス。その後も何度か決定機を作るが追加点を奪えない。ルミノッソもホームの意地を見せ前半中盤以降は黄金期を思わせる怒涛の攻撃を見せる。耐えるマーカスは29分に攻撃の要の尾崎が負傷退場・・その後は徐々にルミノッソの攻撃に順応し試合が落ち着きかけた。しかし40分に同点ゴールを許してしまう。後半戦、風上に回ったマーカスは勝利のため全員攻撃・全員守備の意識を前面に優位に試合を展開。後半7分には相手ペナルティエリア内で坂倉がファウルを受けPKをGET!これを主将の小池が気迫で決め2-1とする!!この後もアウェーとは思わせない攻めの姿勢で攻め立てるマーカスに対しルミノッソも質の高い速攻で応戦するなど目の離せない試合展開。この均衡を破ったのはまたしてもマーカス!横山を起点に流れるようなパスワークから最後はオーバーラップしてきた森田が豪快にゴールを決め3-1!!その5分後にはCKからのこぼれを小池がこの日2点目のゴールで4-1とする。動きの止まったルミノッソに対しマーカスは柳川、松本を投入し攻撃の手を緩めず攻め続ける!しかしここで試合終了、貴重な勝ち点『3』をGETした。今節で前期戦を終了し現在2位と好位置に付けているが強豪ぞろいのKSL!後期に向けて修正する箇所を整理し良い準備をして30日の後期開幕に備えたいと思います!これから厳しいリーグになると思いますので今後とも海自厚木マーカスへの熱い応援を宜しくお願いします!

海自厚木基地マーカス事務局051.gif
[PR]

by a-marcus | 2009-05-17 21:00 | 最新ニュース